111.目的

「これも違うわ..」

これまでA子は、様々なことに挑戦してきた。
しかし、何をしても満足できなった。

そんなある日のこと。
ふとしたきっかけでA子にとって満足するための強い目的ができたのだった。

そして、そのためにはお金が必要だった。
「何が何でも達成してみせる」
A子はそのためには、どんなことも惜しまなかった。
その目的のために、どのような苦難にも耐え、全てを犠牲にして人生をかけてきた。

ある日のこと、A子は重い病気にかかった。

A子は思った。
「ようやくチャンスがきたわ」
遂に、A子は目的を達成できたのだった。

「これで安らかな死を迎えられるわ…]

A子は安楽死を許可している国へ出向き、無事目的を達成した。
A子は目的を達成したことで満足したのだった。

補足

人は人生において、究極の選択を迫られた時、どうするのか?それはその時におかれた状況や性格によって変わるのかもしれない。しかしもし、安楽死を目的として人生の全てを捧げたとしたら、どうなるだろう。それは悔いのない人生だといえるのだろうか?その答えも、人によって違うのかもしれない。


次は..112.心3

他の興味深い記事もご覧ください。お時間の許す限り、さまざまなテーマをお楽しみいただけます。
※当ブログで取り扱う短編小説の物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

読者の皆様へ

この記事をご覧いただき、ありがとうございます!この記事に関する間違いなどのご意見、ご不明点などのご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームは、パソコンからはサイドバー、スマートフォンからはトップページのメニュー内にございます。

このブログの人気の投稿

WordPress多言語サイトの最適プラグイン比較と設定ガイド:初心者必見の15の解決策

AIを駆使して効果的なSEO記事を作成する方法

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

子供を守る!学校での熱中症対策:教師と保護者の実践ガイド

ホラー映画ファン必見!おすすめのVODサービス徹底ガイド

プライバシーの尊重

皆様からいただいたフィードバックや個人情報は、厳重に管理し、第三者に開示することは一切ありません。安心してご意見をお寄せください。

皆様からのフィードバックをもとに、より良いコンテンツ作りに努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。