60.トリガーに怯える

60.トリガーに怯える

子は暗い部屋の中で、一人座っていた。夜の静寂が重くのしかかり、窓の外から聞こえる風の音だけが彼女の心をかすめていく。心の中には一つの問いが渦巻いていた。なぜ、彼女はこんなにもトリガーに怯えるのか?

彼女は幼少期からずっと、些細なことでさえも怯えてきた。誰かがドアをノックする音、電話のベル、時計の針が動く音。すべてが彼女の心に突き刺さり、不安を増幅させた。今日も、その恐怖は消えることなく、むしろ強くなっているように感じられた。

ここで少し説明を加えると、「トリガー」とは、過去のトラウマや強い感情を引き起こすきっかけとなる出来事や刺激のことを指す。麗子にとっては、日常の何気ない音や出来事が、過去の恐怖を呼び覚ますトリガーとなっているのだ。

麗子はふと、自分が何を恐れているのかを考え始めた。彼女の記憶の中で最も強く残っているのは、ある出来事だった。それは彼女が小学生の時、クラスで起きたある出来事だった。クラスメイトの一人が急に倒れ、誰もがパニックに陥った。その瞬間、彼女の心には恐怖が刻み込まれたのだ。

彼女はその出来事を思い出し、今の自分が抱える恐怖の根源に気づいた。それは「未知」への恐怖だった。何が起こるかわからない状況、予測できない未来、制御できない現実。これらが彼女を怯えさせるのだ。

麗子は、自分が恐怖に打ち勝つためにはどうすれば良いのかを考えた。彼女は勇気を出して、自分自身と向き合うことに決めた。恐怖を克服するためには、まずその恐怖を理解し、受け入れる必要があるのだ。

彼女は深呼吸をし、心を落ち着けた。そして、トリガーに怯える自分を許し、受け入れることにした。その瞬間、彼女は少しだけ強くなった気がした。

しかし、彼女が次に遭遇した出来事は、彼女の心を再び震え上がらせるものだった。それは、友人の一人が突然、彼女に問いかけてきた質問だった。

「麗子、もしあなたが今すぐにでもすべての恐怖から解放される方法があるとしたら、それを試してみる?」

その問いかけは、未知への恐怖を再び呼び起こした。彼女の心に深く刺さり、彼女は少しの間、何も言えずにいた。そして、彼女は考えた。この質問の背後には、何かもっと深い意味があるのではないかと。解放されるための方法、それは本当に存在するのか?そして、もし存在するならば、それはどのようなものであるのか?

麗子はその問いに対する答えを見つけるために、再び自分と向き合うことを決意した。彼女は、自分自身の心の中に潜む恐怖と対峙し、その真実を見つけるための旅に出ることにしたのだ。

もしあなたが、自分の心の中に潜む恐怖に向き合う勇気を持つことができたなら、その先には何が見えるでしょうか?そして、その恐怖から解放されるためには、どのような一歩を踏み出すべきだと思いますか?



他の興味深い記事もご覧ください。お時間の許す限り、さまざまなテーマをお楽しみいただけます。
※当ブログで取り扱う短編小説の物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

読者の皆様へ

この記事をご覧いただき、ありがとうございます!この記事に関する間違いなどのご意見、ご不明点などのご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームは、パソコンからはサイドバー、スマートフォンからはトップページのメニュー内にございます。

このブログの人気の投稿

WordPress多言語サイトの最適プラグイン比較と設定ガイド:初心者必見の15の解決策

AIを駆使して効果的なSEO記事を作成する方法

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

子供を守る!学校での熱中症対策:教師と保護者の実践ガイド

ホラー映画ファン必見!おすすめのVODサービス徹底ガイド

プライバシーの尊重

皆様からいただいたフィードバックや個人情報は、厳重に管理し、第三者に開示することは一切ありません。安心してご意見をお寄せください。

皆様からのフィードバックをもとに、より良いコンテンツ作りに努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。