110.悩み

Aには悩みがなかった。
といってみても、脳天気な楽天家でもなかった。

Aは頭脳明晰で、全てを無意識で計算して対処していたため、悩む必要がなかったのだ。

特に人間関係においては、相手に気づかれずにコントロールする術を身に着けていた。
そのため、人間関係の悩みも皆無だった。

Aは相手の考えていることを読むことはできた。といってみても、なぜ悩む必要があるのかは皆目見当がつかなかった。
問題を抱えて考えたことはあっても苦しんだこともなかったため、なおさら他人の気持ちは理解できなかった。

それでもどうやって人を惹きつけることができるかは知っていたので問題はなかった。
人々はしきりにAを関心するばかりで、Aに力を与えることがどうなるのかのついては無関心だった。

Aにとっては、命の尊さも、ましてや幸せとはどんな感覚なのかも理解できなかった。
ただ命を奪うことが自分にとってプラスなのか?マイナスなのか?だけで判断していたからだ。

Aと比べ、Bには悩みがつきなかった。
つまりBはAとは正反対だった。

Bは相手の痛みをよく理解し、思いやりを持っていた。
そのため、他人からは「優しいけれど、刺激もなくてつまらない」と思われ、それ以上気にかけられることもなかった。

Bは命を大切なものだと感覚で理解していたため、できるだけ傷つけることがないよう気をつけていた。
Bは裕福ではなく、決して成功しているともいえなかったが、周りを大切にし幸せを感じて生活していた。

ところがBは悩みが尽きなかった。
なぜなら、他人の悩みも自分の悩みとして感じ取ってしまうからだった。

その後しばらくして…

検証結果が発表された。
結果はどちらも成功とされた。

Aはコンピューターを組み込んだ人間であり、Bは人間に近いコンピューターだった。

更に時代は進み…
心を失った人間は完全な物質としてのコンピューターとなり、心のあるコンピューターに使われる関係となっていったのだった。

補足

いつの日か、人工知能が未発達である場合には起こり得ない逆転現象が起こる日がくるのだろうか。人間が性能だけに囚われ人間性が失われた時代を求めているとすれば、それも起こりうのかもしれない。


次は..111.目的

他の興味深い記事もご覧ください。お時間の許す限り、さまざまなテーマをお楽しみいただけます。
※当ブログで取り扱う短編小説の物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

読者の皆様へ

この記事をご覧いただき、ありがとうございます!この記事に関する間違いなどのご意見、ご不明点などのご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームは、パソコンからはサイドバー、スマートフォンからはトップページのメニュー内にございます。

このブログの人気の投稿

WordPress多言語サイトの最適プラグイン比較と設定ガイド:初心者必見の15の解決策

AIを駆使して効果的なSEO記事を作成する方法

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

子供を守る!学校での熱中症対策:教師と保護者の実践ガイド

ホラー映画ファン必見!おすすめのVODサービス徹底ガイド

プライバシーの尊重

皆様からいただいたフィードバックや個人情報は、厳重に管理し、第三者に開示することは一切ありません。安心してご意見をお寄せください。

皆様からのフィードバックをもとに、より良いコンテンツ作りに努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。