70.ビクつく外人

70.ビクつく外人

の午後、ひとけの少ない京都の古い町並みを歩いていた私は、その店を見つけた。木の看板には「時空の迷い人」とだけ書かれていた。観光客向けの土産物屋に見えたが、何か違和感を感じずにはいられなかった。好奇心に駆られ、私はドアを押し開けた。

中には、年老いた店主と一人の外人がいた。店主は黙々と茶道具を磨き、外人は何かを探しているようだった。金髪の彼女は、明らかにビクついていた。まるで、この場所が何か異様な力を持っているかのように。彼女の目は不安げで、何度も後ろを振り返っていた。

「こんにちは」と私は声をかけた。彼女は驚いた表情を見せたが、すぐに微笑んだ。「こんにちは」と返してくれた。彼女の名前はエミリーと言い、時間旅行に関する研究をしているとのことだった。私はその話に興味をそそられ、詳しく聞くことにした。

エミリーは、ある装置を使って異なる時代や場所に移動できると説明した。彼女は信じがたいことに、その装置を持っていると言うのだ。彼女が取り出したのは、小さな時計のような機械だった。私は半信半疑だったが、彼女の真剣な目を見て、ただの冗談ではないと感じた。

「実際に見てみたいですか?」エミリーは尋ねた。私は少し迷ったが、結局は好奇心に負けて頷いた。彼女は装置のボタンを押し、店の一角に異次元の入り口が現れた。その瞬間、店主が動きを止め、私たちをじっと見つめた。

「行かないほうがいい」と店主が言った。「そこには何が待っているかわからない。」

だが、私とエミリーはすでに決意を固めていた。私たちはその異次元の入り口に足を踏み入れた。光の渦に飲み込まれ、気がつくと私は見知らぬ場所に立っていた。そこは未来の都市で、空飛ぶ車が行き交い、人々は見たこともない装置を使っていた。

エミリーは驚きの表情を見せた。「これは…」と彼女が言葉を詰まらせた。突然、警報が鳴り響き、私たちの周りに武装した人々が現れた。「不法侵入者だ!」と叫ぶ声が聞こえた。私たちは逃げるしかなかった。エミリーは装置を操作し、再び異次元の入り口を開いた。

店に戻ったとき、私たちは無事だったが、何かが変わっていた。最初に気付いたのは店の雰囲気だった。店内の陳列品はどれも見覚えがあるものだったが、微妙に違っていた。茶道具の配置や、壁に掛けられた絵の色使いが変わっていたのだ。

さらに奇妙なことに、店の外の風景も変わっていた。古い町並みはそのままだったが、通りを歩く人々の服装が未来的になっていた。スマートフォンの代わりに、手首に装着する小型デバイスを使っていた。驚いたことに、自動運転の車が通りを行き交い、ドローンが空を飛んでいた。

私はエミリーに尋ねた。「これが本当に私たちの元の時代なの?」

エミリーは時計のような装置を見つめ、首を振った。「わからない。でも、戻る方法はもうないみたい。」彼女の声には諦めが滲んでいた。

店主は静かに微笑んだ。「あなたたちは違う時間の流れに触れたのです。それがあなたたちの影響です。」彼は静かに言った。

「私たちの行動がこの変化を引き起こしたのですか?」私は不安に駆られた。

「かもしれません。しかし、それが良いことか悪いことかは、まだわかりません。」店主は深い視線を私に投げかけた。「時間は常に流動的です。あなたたちが見た未来は、一つの可能性に過ぎません。」

エミリーと私はしばらくその言葉の意味を考えていた。この新しい現実に適応しなければならないと理解しつつも、心の中には一つの疑問が残っていた。

なぜ私たちが未来を見ただけで過去が変わるのか?エミリーの装置がもたらした変化は、私たちの存在そのものを揺るがすものだったのか?それとも、私たちが見た未来は元々存在するべきではなかったのか?

読者の皆さんに問いかけたい。もしあなたが未来を見た結果、現在の現実が変わってしまったら、その変化をどう受け止めますか?未来を見ることができるとしたら、その知識をどう使いますか?あなたの行動が全てに影響を与えると知ったとき、その行動をどう選びますか?

他の興味深い記事もご覧ください。お時間の許す限り、さまざまなテーマをお楽しみいただけます。
※当ブログで取り扱う短編小説の物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

読者の皆様へ

この記事をご覧いただき、ありがとうございます!この記事に関する間違いなどのご意見、ご不明点などのご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームは、パソコンからはサイドバー、スマートフォンからはトップページのメニュー内にございます。

このブログの人気の投稿

WordPress多言語サイトの最適プラグイン比較と設定ガイド:初心者必見の15の解決策

AIを駆使して効果的なSEO記事を作成する方法

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

子供を守る!学校での熱中症対策:教師と保護者の実践ガイド

ホラー映画ファン必見!おすすめのVODサービス徹底ガイド

プライバシーの尊重

皆様からいただいたフィードバックや個人情報は、厳重に管理し、第三者に開示することは一切ありません。安心してご意見をお寄せください。

皆様からのフィードバックをもとに、より良いコンテンツ作りに努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。