61.ボコボコに殴る勘違い

61.ボコボコに殴る勘違い

希は都会の喧騒から逃れるように、故郷の田舎に帰ってきた。彼女は忙しさに追われる日常から解放され、静かな環境で心を落ち着けたかった。幼い頃に遊んだ川辺や森の景色が変わらないことに、ほっとする一方で懐かしさに胸が締め付けられた。

ある日、瑞希は古い知り合いの隆司と再会した。隆司は地元の小学校の教師として働いており、二人はすぐに昔話に花を咲かせた。彼は瑞希に、最近学校で起きた奇妙な出来事を話し始めた。

「瑞希、信じられないかもしれないけど、うちの学校に幽霊が出るって噂があるんだ。」

瑞希は笑って返した。「幽霊?そんなの信じられないよ。」

隆司は真剣な表情で続けた。「いや、本当に。生徒たちが何人も見たって言ってるんだ。特に夜の体育館で、誰もいないのにボールが転がってくるとか、窓が勝手に開くとか。」

瑞希は少し興味を引かれたが、やはり信じきれなかった。「それって、ただの勘違いじゃないの?風とか、ネズミとか。」

その夜、瑞希は一人でその体育館に足を踏み入れた。懐中電灯の明かりだけが彼女の足元を照らし、静寂が耳をつんざくように感じられた。彼女は幽霊なんて信じていなかったが、好奇心が抑えられなかったのだ。

体育館の中央で立ち止まり、周囲を見渡す。何も起こらない。ただの古びた体育館。瑞希はため息をつき、帰ろうとしたその時、突然ボールが足元に転がってきた。

驚いて振り返ると、そこには何もない。風の音もなく、ただ静寂だけが支配していた。心臓が高鳴る。瑞希は冷や汗をかきながら、もう一度ボールを見つめた。

次の瞬間、背後から誰かに肩を叩かれたような感覚がした。振り返ると、そこには薄暗い影が立っていた。瑞希は叫び声をあげ、全力で走り出した。

家に帰りつくと、隆司にすぐに連絡した。「隆司、私も見た!幽霊、本当にいるんだ!」

隆司は静かに聞いていたが、彼の声には冷たい笑いが含まれていた。「瑞希、それは幽霊じゃないよ。実はあれ、新しい防犯システムのテストだったんだ。赤外線センサーで人の動きを感知して、ボールを転がしたり、窓を操作したりしてたんだ。」

瑞希は言葉を失った。「なんでそんなこと…」

「勘違いを誘発して、人々がどれだけ簡単に信じるかを試したんだ。実験の一環だよ。」

瑞希は自分が完全に「勘違い」に陥ったことに気づき、悔しさと恥ずかしさで顔が赤くなった。彼女は、自分の恐怖と不安が操作された事実を知ったことで、まるで「ボコボコに殴られた」ような感覚を覚えた。これは、自分の感情が完全に裏切られ、信じていた現実が覆されたショックによるものだった。

私たちはどれだけの確信をもって、現実と錯覚を区別しているのでしょうか?
あなたなら、どこまでの情報を信じますか?



他の興味深い記事もご覧ください。お時間の許す限り、さまざまなテーマをお楽しみいただけます。
※当ブログで取り扱う短編小説の物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

読者の皆様へ

この記事をご覧いただき、ありがとうございます!この記事に関する間違いなどのご意見、ご不明点などのご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームは、パソコンからはサイドバー、スマートフォンからはトップページのメニュー内にございます。

このブログの人気の投稿

WordPress多言語サイトの最適プラグイン比較と設定ガイド:初心者必見の15の解決策

AIを駆使して効果的なSEO記事を作成する方法

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

子供を守る!学校での熱中症対策:教師と保護者の実践ガイド

ホラー映画ファン必見!おすすめのVODサービス徹底ガイド

プライバシーの尊重

皆様からいただいたフィードバックや個人情報は、厳重に管理し、第三者に開示することは一切ありません。安心してご意見をお寄せください。

皆様からのフィードバックをもとに、より良いコンテンツ作りに努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。