65.くしゃみに容赦なし

65.くしゃみに容赦なし

織は仕事帰りの電車の中で突如襲ってきたくしゃみに容赦なく振り回されていた。くしゃみはただの生理現象でありながら、時に人を困らせ、時に笑わせる。その日のくしゃみは、彼女の人生を大きく揺るがすものとなった。

電車の中はぎゅうぎゅう詰めで、立ったままの沙織はつり革につかまることもできず、体を押し付けられたまま揺れに耐えていた。そんな中、鼻の奥からムズムズとした予感がしてきた。彼女はバッグの中から慌ててハンカチを取り出そうとしたが、まさにその瞬間、くしゃみが一気に噴出した。

「ハックション!」

その瞬間、彼女の前にいた初老の男性が持っていたカバンが床に落ち、中から古びたノートが転がり出た。沙織は謝罪の言葉を口にしながら、ノートを拾い上げた。すると、その男性は微笑みながら「どうかそのノートを見てみてください」と言った。

ノートの表紙には「未来予測」と書かれていた。興味を引かれた沙織は電車を降りると、すぐにカフェに入りノートを開いた。そこには、驚くべき未来の出来事が詳細に記されていた。天変地異、政治的な変動、そして個人の運命に至るまでが克明に描かれていたのだ。

特に彼女の目を引いたのは、「大災害が起こる前日、女性のくしゃみが引き金となる」という一節だった。くしゃみがそんな重大な出来事を引き起こすことなど考えもしなかった沙織は、笑い飛ばそうとしたが、その直後にテレビのニュースで流れた緊急速報に背筋が凍りついた。明日、彼女が住む街に大規模な地震が予測されているというのだ。

「くしゃみが地震を引き起こすなんて…」沙織は呟いた。だが、もしこれが本当なら、彼女には何か手を打つ方法があるのではないか。翌日、彼女は考えられる限りの対策を講じた。周囲の人々に警告し、備蓄を増やし、避難経路を確認した。

そしてその夜、予報通りに地震が起こった。しかし、沙織の警告のおかげで多くの人々が避難し、被害は最小限に抑えられたのだった。彼女のくしゃみが本当に引き金となったかどうかは分からない。しかし、沙織は自分の行動が多くの命を救ったことを確信した。

しかし、数日後、彼女は驚愕の事実を知ることになる。彼女の警告で人々が避難したことで、避難先の施設が過密状態となり、そこで二次的な災害が発生したのだ。火災が起こり、多くの人々が命を落とした。もし、あのノートを見なければ、もし彼女が予測を信じなければ、そんな悲劇は起こらなかったかもしれない。

沙織の心には深い疑問が残った。もし未来を予測できるとしたら、それは本当に正しいことなのだろうか?予測できることで、本来避けられたはずの新たな悲劇を引き起こしてしまうこともあるのではないか?

物語の結末に辿り着いた沙織は、自分自身に問いかけた。「未来を予測できるとして、それが本当に正しいのだろうか?人は予測できないことに対して、どう向き合って生きていくべきなのか?」読者の皆さんもぜひ、自分ならどうするか考えてみてほしい。あなたは、未来を知ることができたら、どのように行動しますか?

他の興味深い記事もご覧ください。お時間の許す限り、さまざまなテーマをお楽しみいただけます。
※当ブログで取り扱う短編小説の物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

読者の皆様へ

この記事をご覧いただき、ありがとうございます!この記事に関する間違いなどのご意見、ご不明点などのご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームは、パソコンからはサイドバー、スマートフォンからはトップページのメニュー内にございます。

このブログの人気の投稿

WordPress多言語サイトの最適プラグイン比較と設定ガイド:初心者必見の15の解決策

AIを駆使して効果的なSEO記事を作成する方法

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

子供を守る!学校での熱中症対策:教師と保護者の実践ガイド

ホラー映画ファン必見!おすすめのVODサービス徹底ガイド

プライバシーの尊重

皆様からいただいたフィードバックや個人情報は、厳重に管理し、第三者に開示することは一切ありません。安心してご意見をお寄せください。

皆様からのフィードバックをもとに、より良いコンテンツ作りに努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。