Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン化するには、バリュードメインのValue Noteで解説されているこちらが参考になります。

https://www.value-domain.com/media/domain-usage-blog/

ただ、DNSのcname記述する際に表示が違ったため、設定方法がわかりませんでした。

同じように不明で困っている方のために、添えておきます。

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

Bloggerにて指示された2つのDNSレコードを入力する際に、1つめはサブドメイン(例ではwww)となります。
cname www ghs.google.com.

2つ目は表示された2つ目の名前と宛先を入力します。
CNAME drrs****gf7f gv-iqnqi****7pehh.dv.googlehosted.com
※ご自身の表示された情報に置き換えてください

分からない場合、読者の方へは無料でサポートします。お気軽にお問い合わせください。

追記:

冒頭で紹介した解説ページにある「[手順11]2つのDNSレコードを追加」について。

DNS変更画面を上記の画像のようにする場合、ネームサーバー変更にて「転送機能付き上位レジストラのネームサーバーを利用する」
をクリックして変更されますと表示されます。
https://www.value-domain.com/modns.php?action=modns2&domainname=ドメイン名

なお、ネームサーバーを変更されますと再度設定が必要となります。

BloggerはWordpressとくらべてこの点さえ抑えておけば、あとは管理コストは殆ど必要ありません。
とはいっても、その反面できることは限られています。

こんなことやあんなこともやりたい場合Wordpressは世界中で人気です。
ただし、Wordpressの場合、ポイントを抑えておかないと大変なことになりかねません。
詳しくはこちら。
※当ブログで取り扱う物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

0からのブログ資産構築法