6.上手くいかない時ほど、大きな成功を収められるたった1つのプロモーション方法とは

問題を抱えていることに喜びを感じてください。物語の主人公はもっと大変です。なぜなら、新たな問題が生じなければその物語は終わってしまうからです...

果が中々でない、問題がどうしても解決しない…と悶々とした経験があると思います。

実は上手くいかないほど、チャンスが大きくなるプロモーションを行う上での秘訣があるのです。

ここでは、その方法をご紹介しましょう。

それは上手くいかない期間が長ければ長いほどサクセスストーリーを演出するための下地が出来るということです。

最初から万事上手く行く話には、ニュース性もなく面白みが全くありません。

起伏があるからこそ、注目を集まりやすくなるわけです
ギャップがあればあるほど、感動を生み出せるともいえます。

この理由により失敗や上手くいかない時ほど、サクセスストーリーを演出出来るチャンスが到来した事になるわけです。

もちろん上手くいっていない時には、メンタル的に弱っている可能性が高いので「そんな事言われても、成功できればの話でしょ?」と思われるかもしれません。

実は上手くいっている人ほど、更に大きな成功を起こさなければ物語は演出できないわけです。

ですよね? 反対にどん底まで落ちた人であれば、たとえ結果が普通の生活だとしても、感動を届ける事ができます。 分かりやすくするために例えを1つ出しましょう。

ある日の事でした。
路上生活を余儀なくされていた人がいました。

その人が、たまたまある男と出会いました。
その男は、彼にこう話し始めたのです。
「あなたはまだ気がついていないかもしれないが、あなたには可能性がある、なぜなら…云々」と

彼は素直にその男の言うことを信じました。そして心機一転し、ごみ収集をしている会社で働き始めました。

彼は始めてのお給料をいただいた時に、今までと同じ事をやっているだけなのに、こんなにもお金がいただける事に、これまで感じた事のない喜びに震えました。

その喜びを元に、彼は来る日も来る日も働き続けました。時には休みも返上し、食事を取ることさえ忘れて働き続けました。 そして遂には一般的な生活を送るまでになり、今では結婚し子供にまで恵まれるようになったのです。

その後せっせと働いたお金を元に独立し、同じように路上生活を余儀なくされている人達ちへ積極的に働きかけました。 すると今では、皆が皆、嬉々として働くので、会社は日に日に急成長を遂げているのです。

その人は今、こう思っています。

「あの人のお陰だ。あの人と出会わなければ、私の人生は今でも空っぽだったと思います。思い出せば、涙が止まりません。」

簡単な話ですが、この話はおそらく多くの人の心をうつことが出来るでしょう。

このように、ピンチはチャンスなのです。

もう1つだけ例を出すなら、映画に出てくるヒーローが、何も問題もなく余裕で全てを解決している話だとしたら… 面白くも何ともないですよね?何も感じません。

たとえスーパーヒーローであっても、普段は普通の人間として葛藤など様々な問題と闘って、より強い敵と闘い苦戦しながらも挑んでいく所に、感動を与えるストーリーが出来上がっていくわけです。

是非あなたもサクセスストーリーを演出して、ヒーローになってくださいね。 ※ちなみに私が好きでたまらなく何度も繰り返し見ている"刑事コロンボ"では、最初から最後までとぼけていますが、それ自体を活用し事件を解決してしまいます。


GEP(Gold Experience Program)-月30万円までの作業手順書メニュー

HMS:コンテンツ収益化プロジェクトの流れ

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法