8.影響力を自由にコントロールできる必殺技

 あこがれから脱皮。自分自身を創造し売り上げを構築していくための秘訣とは...

響力」という書籍をご存知でしょうか? この書籍については、いつかはコンテンツで取り扱おうと思っていました。それほど影響力が実感できる書籍です。->書籍「影響力の武器(アフィリエイトリンク)

ここでは、その書籍にも載っていない心理学を応用した、影響力をコントロールできる方法を1つお伝えしておきますね。

この方法は『スタンフォード監獄実験』と呼ばれているものをヒントに編み出しました。

先ほどの、ミルグラム実験のバリエーションとも呼ばれているようです。 映画にもなっており「エス」という映画は、まだアメリカ合衆国での裁判が終えていない時だったので、ドイツで制作されたという記憶があります。
2010年にはリメイク版の「エクスペリメント」が出ているようですが、こちらは早く観たいと思いつつもまだ観ていません。

この実験を簡単に言うならば、肩書きや地位で役割りが決定されるということが証明された実験です。そしてそれが本物でなかったとしてもという所が、とても印象に残る実験となった理由なのかもしれません。

ということで、この仕組みを利用する方法となります。とてもシンプルで簡単です。 

まず自分自身がどんな肩書を持っていて、どんな役割りがあるのかを決定します。※これまでの経験は全く関係ありません。
そして、その通りに行動するよう心がけて生活してみるわけです。

○○だったら、どのように行動するだろう?○○だったら、どんな気持ちになるのだろうか? このように問いかけ、演じ続けます。

演じ続けるというよりも「私は◯◯だ」という自覚を持って行動します。

そうする内に、そこまで長い時間をかけずに‥その役割りを演じなければならない自分自身が出来上がっていく事になるわけです。

わたしはこれを、メンターやマスターから学ぶ時に使用することがあります。

もちろん、自分自身の個性は最も重要です。そしてメンターやマスターが完璧な人間だというわけではない事は理解した上で、習得する際にこの方法が大切な要素となりうるわけです。

この守破離の場合は、あくまでもキッカケに過ぎません。

ですので「役割」に対する自覚が重要となります。
例えば「警備員」という役割への自覚と「警官」だという自覚で形成される人格は、かなり違ってくることは想像できるでしょう。

先ほどのスタンフォード監獄実験でも、看守と受刑者の仕事をよく理解しているしていないに関わらず、役割りが決定されてしまったわけです。他にも「社員」「部長」「社長」はそれぞれ違いますよね。

これは習得する以外にも、何かを成し遂げると決めた時に肩書きを設定するということは、影響力を増すためにはとても大切な要素となるので、成功するための1つの方法として使ってみることができます。

->レッスン9へ


GEP(Gold Experience Program)-月30万円までの作業手順書メニュー

HMS:コンテンツ収益化プロジェクトの流れ

※当ブログで取り扱う物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法