27.ちっぽけなたった1つが原因で、大きく印象が変わってしまう現象とは

今座ってこの記事を読んでいます。この方法なら成功率90%を超えます...

レッスン19で、の判断は曖昧だということをお伝えしました。

ここでお伝えする現象も"観点を変えるだけで印象が変わってしまう"というものです。
これを『リフレーミング』といいます。

同じ物事でも、人によって見方や感じ方が異なり、ある角度で見たら長所になり、また短所にもなる。 例えば、試験で残り時間が15分あった場合、悲観的に考えた場合は「もう15分しかない」と思うし、また楽観的に考えた場合は「まだ15分もある」と思うであろう。引用元: リフレーミング - Wikipedia.

これは言い換えれば新しい視点を作るということです。
これを活用する事で、印象をコントロールすることができます。

例えば成功率70%だと好印象ですが、失敗率30%と聞くと危ういという印象が残るでしょう。

同じ確率にも関わらず、こんなにも印象が違いことになります。
アングルを変える事で、デメリットも魅力的に見せられるわけです。

他にも100万円からの50万円の損失も、見方によれば50万円も残ったという言い方もできます。

これは自分自身へのモチベーションアップのための捉え方にも活用できます。
「失敗しました」と言うよりも「成功へのスタートを切ることができました」と表現できるでしょう。

この応用で「95%の方たちが失敗している理由は、使いこなせていないからです。」と言うことで「使いこなせる事で成功出来る」という印象を持たせることもできます。

これは至るところで使われている手法なのです。注意深く観てみるようにしてみてください。 

1つだけ注意するべき点は、自分自身に言い聞かせる際にリフレーミングすることで、都合よく捉えてしまうことです。
そうすれば改善出来なくなり、進歩を阻害してしまう恐れが出てきます。

->レッスン28へ


GEP(Gold Experience Program)-月30万円までの作業手順書メニュー

HMS:コンテンツ収益化プロジェクトの流れ

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法