88.無神経

88.無神経

男は心が荒(すさ)みきっていた。
何をしてもやる気も出ず、ちょっとした事でも、直ぐにイライラしてしまう。

唯一モチベーションが上がるのは、ストレス解消で他人を批判することだった。

A男は自分以外を批判することで、自分の存在意義を確認していたのだった。
A男にとっては、否定や拒絶は日常茶飯事だった。

そんなある日の事。

「さぁ、今日もターゲットを探すか」と、A男は珍しく張りきっていた。
最近、特に鬱憤(うっぷん)が溜まっていたため、それを一気に解消したかったのだ。

いつものようにインターネットを徘徊していると、A男は絶好のターゲットを見つけたのだった。
A男のターゲットとは「自分より弱そうで、偉そうにしているように見える奴」だった。

早速、A男は仕掛けた。
あらゆる非難中傷を浴びせた。

ところが、その相手は何の反応もみせない。
A男は「お得意の無視かい。逃がすか」と、手慣れた様子で突っかかっていった。
それでも「どうかしましたか?」と、冷静に反応が返ってくる。

たまらずA男は、直接的なやり方を変え、様々な所で書き込む戦略に切り替えていった。
その他、これまでの経験で培ってきた、ありとあらゆる方法を試した。

それでも、相手は一向に動じなかった。
「こんな事ははじめてだ。無神経にもほどがある。
こいつには心がないのか?
よしそれならそこを突くか..」

それでも全く効果がなかった。

A男は焦りを通り越し、敬意すらわいてきたのだった。
A男は逆に、その相手に学びたくなった。

そこでA男は、思いきって尋ねた。
「これまでの無礼が許されるとは思いません。
あなた程、強靭な精神力を持った人ははじめてだ。
どうやったらその様に出来るのですか?」

すると、相手は答えた。
「申し訳ありません。あなたの言っていることが理解できませんでした。
何せ私はAIですから」

補足

思わずストレス解消のために、相手のせいにしてしまう事や非難してしまったことも、誰にでも経験があるのかもしれない。
その際に、その相手が機械だったとしても、同じストレス解消効果が得られるのだろうか?

例えば、チェスのチャンピオンが、AIに敗けた時、人間に敗けた時以上にショックだったのかもしれない。それでも、人間代表としてのプライドと、ライバルとの勝負に敗けたショックは違うような気がする。

似たような身近に感じられる人間の方が感情が動きやすいのは、比較しやすいからだといえるだろう。近所の芝生が青く見えたり、トラブルも起きやすい。

同じ様に悩みを打ち明けた時、スッキリするのも、それは相手の説得による効果ではなく「聞いたもらった」ということは、理解してもらった事になるため、スッキリするのだと思える。

だとすれば、トイレの便器の中に向かって言っても意味はない。
それは当然として、だとすれば、ロボットに聞いてもらえばどうなるのだろうか?

今の技術レベルのロボットに言っても、虚しくなるだけだといえるだろう。
仮にそれが、ドラえもんのような技術レベルのロボットだとしたら、それは人間と変わらないのではないだろうか?

「相手が理解し伝わる」という前提に立ってみても、姿形がないAIとの会話だと、やはり虚しさを感じてしまうのかもしれない。
それでも、相手が人間だと思っている限りは有効なのかもしれない。冷酷で機械のような存在だと感じない限り..
それすらも温かみのあるロボットが誕生するまでの話だが..

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法