28.痛み


28.痛み

Aの虫歯は悪化していた。

その痛みは日に日に増していった。
それでもAは歯医者に行かなかった。

Aは、歯医者が苦手だったのだ。

「あんな訳のわからない機械で、痛い所を直にこねくり回されるなんて、たまったもんじゃない」
Aは歯医者に対し、苦手を通り超し、恐怖と感じていた。

Aは、痛み止めの薬で何とか耐えていた。
「痛み止めの効果が切れてくると、痛み止めを飲む」その繰り返しをしていた。
そのうちに、段々と痛み止めが効いている時間が短くなり、遂に強い痛み止めでも効かなくなってきたのだった。

Aは、気が狂いそうになっていた。

仕方がないと観念して歯医者へ行くことになった。
Aは歯医者の口の中を直に触られる治療を、内蔵の手術と同じだと感じていた。

治療してもらうため、椅子に座った。
「椅子を倒しますよ」
この言葉は、Aにとっては死刑執行台に乗るような恐怖を感じていた。

Aは、歯医者が苦手な人のために、笑気麻酔という処置を施してもらった。
するとAは意識が薄くなり、とても気持ちよくなってきた。
Aは普段の生活でアルコールを摂取しないため、特に効き目があったのかもしれない。
それでも僅かながら意識は残っていた。

Aは先生を神だと仮定し、全てを委ねることにした。
するとAは、治療中にも関わらず言葉に出来ないような不思議な感じを何度も経験した。

「なぜ、あんなに我慢していたんだろう」
自分自身の愚かさにも、素直に目を向けることが出来るようになっていた。
Aは歯医者を好きになった。というよりも、歯医者に行きたくてたまらなくなったほどだ。

軽い依存症のような状態になっていたことを、Aは自覚していた。

Aは思った。
「これが怪しげな宗教でなくて、何よりだ」

補足

当人が望んでいる以外は、たとえ瞬間的な痛みであっても安易に考えられない。
なぜなら、殺すことを正当化してしまう可能性があるからだ。

では、苦痛を感じさせなければ、何をしても許されるのだろうか?

苦痛を感じさせないだけでなく、快楽を感じさせることができたらどうだろう?
「この薬を飲めば、副作用や苦痛は一切なく、むしろこれまでに味わったことのない、最高の快楽を味わえます」

このような提案をされた場合は、逆らえない人もいるかもしれない。

更に踏み込んで、本人が望んでいた場合は、どうだろう?
苦しみを味わっている人が「殺してください」と頼み安楽死が出来るなら、それは間違っているのだろうか?

本人がこれから得られる喜びの可能性が少しでもある限り、たとえその可能性を今の本人が信じられないとしても家族が悲しむかもしれない。それを奪う権利は誰にもないのではないだろうか。もちろんこれは、人間以外にも当てはまるのかもしれない。

ここまで極端でなくとも、日常生活の中で与えられる娯楽で痛みや快楽を感じたとしても、本人の自由意志を尊重された結果だということになるのだろう。それが社会に破滅を及ぼす可能性がない限り..

※当ブログで取り扱う物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法