64.予防措置


64.予防措置

博士は、脳の研究をしていた。
そして最優先とも思える研究がついに実を結んだ。

それは前頭葉の中でも眼窩(がんか)前頭皮質と偏(へん)桃体(とうたい)といった部位の欠陥を特定し、修復できるものだった。
これで感情のコントロールや社会性を作れない人間が減ることで、他の全ての最先端の研究も進歩することが期待された。

ところが実際に処置を施すとなると、大きな問題が生じた。

脳の部位に欠陥があったとしても、それがそのまま法律違反になるはずもない。
ましてや本人の意思がないにも関わらず、勝手に処置を施すわけにもいかない。

そこでA博士は、扁桃体だけでも異常を治せないかを問うことにした。

扁桃体は欲求や感情の調節に関係する部位で、ここで異常が出ると欲求のコントロールが効かなくなり、衝動的で爆発的な行動パターンが出現しやすくなるからだった。

これだけでも衝動的な殺人は、かなり少なることは火を見るより明らかだった。

しかしそこまで明らかにされても、この案は却下された。
表向きは個人の意志を尊重する必要があったためとなった。

ところが直接の理由は、企業の売上が下がるということだった。

補足

多くの人命が救われる、または犯罪が予め抑制されると分かっている時、非人道的な方法を取ることは許されるのだろうか?

難しい選択なのかもしれない。
だからといって、売上げを選択することが正しい選択だといえるのだろうか?
利益が優先されがちな資本主義社会では、もしかすると、無きにしもあらずかもしれない。

どちらにしても、予め対策できるに関わらずそれをやらない場合、責任はないということで終わりにならないといえるだろう。
それとも切羽詰まった分かりやすい場合にのみ責任は問われ、他は行き当たりばったりの、なぁなぁでも許されるのだろうか?

結果のみで対応する方が責任逃れはしやすいのだろうが..

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法