48.言葉2


48.言葉2

は私です」
ロボットAは、そう言った。

そう聞いたA子は納得した。
「もちろんそうよね。あなたはあなただわ。それ以外の何者でもないもの」

ロボットAは答えた。
「それは意味が違います。
私というものは私の中に存在しません。
私という言葉は、あなた達の言葉をお借りして表現したに過ぎません」

それを聞いたA子は言った。
「確かにあなたの中に、私という概念はないのかもしれない。
でも言葉の表現としてはそれで合っていると思うわ」

ロボットAは言った。
「正解か?不正解か?ということであれば、この表現は存在しないものを現しているので、不正解だということになります」

A子は言った。
「それじゃ堅苦しくなるし、ややこしくなるから。それでいいんじゃない。
ニュアンスが伝われればいいんだから。
普段の会話で使ってしる言葉は、何となく伝わればそれでいいと思うわ」

ロボットA
「それもそうですね。それではこれより、ニュアンスの学習を開始します」

補足

言葉の意味とは、前後の文脈や状況そのもの、そして文化によっても違ってくる。
とはいえ、言葉は本来の目的が達成できれば意味を成すといえるだろう。
本来の目的とは、その状況次第で違ってくる。
曖昧で伝われば済む場合もあるし、厳密に注意して使用しなければならない時もあるといえるだろう。
ロボットのように本来存在しないものだとしても、相手の解釈により意図が伝われば、言葉は用を足すといえるのかもしれない。相手次第で誤解も増えるかもしれないが..
※当ブログで取り扱う物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法