未来を作る秘密-あなた専用の未来を作るための3つのデッドポイント

の方法は、おそらくあなたに向いていません..
そして、なぜ「デッドポイント」なのか?その理由もお伝えします。

れは心理学の法則に則ったものです。それは..
その前にこの質問に答えてみてください。

あなた専用の未来を作る前提となる質問

「あなたはこれから訪れる未来を、自分自身で作りたいと本気で考えていますか?」
試しに選択してみてください。
  • いいえ。別に自分で作らなくても他力本願で構わない
  • どんなことをしてでも自分で変える
  • 何としても目標を達成する
  • 自分の可能性を強く信じている
  • 全てを実現すると本気で考えている
よろしいでしょうか?
宜しければ、始めましょう..

あなた専用の未来を作るための3つのポイント

前置き

前置きとして言葉に注目してみましょう。

日頃から何気なく発している言葉..
この言葉を甘くみると、恐ろしい未来が待っていることをご存知でしょうか。

今ではこの恐ろしさを知らず、未来を破壊することも簡単にできるようになりました。
なぜなら、まるで無邪気な子供のように、心に生じた声を何も考えずそのまま言葉として発する機会が増えたからです。

ですよね?
あなたもそんな状態の人を見かけたことがあると思います。

ではなぜそれが未来を破壊することになるのでしょうか?

それは未来を作るポイントを知ることで理解できます。
それでは、3つのポイントをお伝えします。

1つ目のポイント

1つめのポイントは『言行一致の法則』を自分の意志を通して利用することです。

人は言った事と行動を一致させようという心理法則が働きます。
それを利用するのです。

例えば「私は出来る人間だ!」といった言葉を、普段から口癖にしたとします。
すると、そういう人間に相応しい行動をするようになっていくわけです。

もうお分かりですよね?

そうです。あなたが作る未来に相応しい言葉を発していくようにするだけです。

ですよね?
それを知ったあなたは、これからもこれまでと同じ言葉を発していきますか?
もちろんそれも自由です。
ただ過去と同じような未来が続くだけですから。

もしこの言葉を変えてみることを試し、あなた専用の新しい未来を作ってみようと思うのであれば、1つだけ注意点があります。

それは、自分以外の人に向けて言った言葉も同じだということです。
と同時にあなた以外に向けられて発せられた言葉も同じだと受け取ります。
この理由は、無意識の領域では「私」と「あなた」の区別がつかないため、同じとみなされる可能性が高いからです。

あなたはこれまでに、人の悪口を聞いていた時、まるで自分が言われているような気分になったことはありませんか?
それは、社会性や想像力、優しさや思いやりの心が働くため当然だといえます。

人は自分を守るために、他の人を理解するため、他の人の事も自分の事のように置き換える能力があります。

ですよね?

その点だけ注意して言行一致の法則』を利用することで、あなた専用の未来を作ることを楽しんでいってください。

とはいえ、自分の言葉を変えるだけではイマイチ弱いということもあります。

なぜなら、他者も存在する社会の中で私達は生きているからです。
いくらあなたが言葉を変えてみても、周りの環境が変わらなければ、それは同じ状況が続く可能性が高いといえるでしょう。

そこで、次のポイントに進みます。

2つ目のポイント

2つ目のポイントは『助けてもらう』ということです。

自分だけが言うのではなく、相手にも言ってもらうようにします。 
すると「ピグマリオン(期待値)効果」が働き、その期待に答えるよう、より強い力が働くわけです。

上記の例で言えば「あなたなら出来る!」という言葉を、日々かけてもらいます。

では、果たして上記の2つのポイントを抑えた効果が、どれほど生じるのでしょうか?
それはあなた自身のこれまでの経験で身にしみていると思います。

例えば次の例を想像してみてください。

極端な例として「お前は何も出来ない人間だ!」と毎日言われ続けたとしましょう。
あるいは「またか!なぜ、そんなに失敗ばかりするんだ!」など。

あなたははじめのうちは「そんなことはない」と否定するかもしれません。
それでも、継続して言われていくうちにいつの間にか「私は出来ない人間なのかも..」と思いはじめ、いつしか「私は出来ない人間だ!」と断定するようになり、遂にはそのような人間になっていくわけです。

これは逆もまた然りです。

とはいえ、あなたにとって相手に言ってもらう事は簡単ではないかもしれません。
例えば、既にそれにともなう実績があれば、自然にそれに相応しい内容を言われる確率もあがっていきます。

ですよね?

とはいえ、これから実績という未来を作るために必要だとしたら..
そこにジレンマが生じるわけです。

しかも言ってくれる人がいたとしても、きっと慣れない言葉に違和感を感じてしまうでしょう。

これがポイントではなく「デッドポイント」と表現した理由です。
3つ目のポイントは『デッドポイントを乗り越える』ということになります。

これは、どういうことなのでしょうか?

あなた専用の未来を作るデッドポイントとは?

一言でいえば「とても苦しい状態」ということです。

つまりあなた専用の未来をあなた自身で作るためには、先に苦しむ必要があるということになります。
しかもこの苦しみは、少しくらいでは意味がありません。

痛みを和らげるための脳内麻薬が生じるほど、苦しみぬく必要があります。

そのためには、ただ頭の中で悩み苦しむということではありません。
身体全体で努力しながら、あなた専用の未来を作っていく」ということです。

この苦しみだけは、自分で経験するしかありません。

では、もしこの苦しみから避けるために、何か他のものを頼った場合、どうなるでしょうか?

他者専用の未来を作る事を請け負う

他から与えられた苦しみは他者専用の未来を作る事を請け負うようなものです。

例えば、映画やドラマでも、主人公が大きな問題に直面し苦難の道が続きます。
それがあってこそ、乗り越えた時の爽快感も生まれます。
ゲームも同じです。

つまり障害が大きいほど乗り越えた後に快楽物資が出ます。
そのため「苦しみ」が必須となるわけです。

これを無視したらどうなるのでしょうか?

例えば、美味しい物を食べる時、苦しみはなく直ぐに快楽物資が生じます。
これを繰り返していると太ります。
栄養のバランスが崩れ病気になるかもしれません。

このように苦しみのともなわない快楽は依存しやすく、バランスが崩れるリスクを抱えてしまいます。

どちらにしても、自分専用の未来を作るための努力でなければ、それが苦しみであれ快楽であれ、それは他者専用の未来を作る事を無料で請け負うようなものとなります。
それがあなたの望むあなた専用の未来であれば、何も問題はないといえるでしょう。

あなた専用の未来を作るためには、それが当たり前になるまで実行することです。

幸い私達は今、世界中の資源にアクセスできる機会を与えられています。
それらの資源を利用し、最大限に活用しながら乗り越えていく助けとすることが可能です。

->90%の人に差をつけるための心理的な仕掛けとは?

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法