豊かな思考は関係ないと思っていた。はじめて100万ドル稼ぐまでは..

ょっとおかしな考えがあるんですけど、聞いてほしいんです。
結果にまったく執着せずに成功への探求に取り組んだらどうなると思いますか?」と。

一見すると矛盾しているように感じるかもしれません。だって、成功したいから頑張るんですよね?それが普通の考え方です。でも、結果にこだわりすぎると逆に成功から遠ざかってしまうこともあるんです。これ、本当なんです。

バーで美しい女性が楽しそうに過ごしているのを想像してみてください。彼女たちは自分に自信があって、気にかけているようには見えません。だからこそ、周りの人々が自然と引き寄せられるんです。同じように、ビジネスや人生でも結果を追い求めすぎずに取り組むと、思いがけない成功が訪れるんです。

信じられませんか?でも、私の経験がその証拠です。売上を気にしなくなった途端に売上が増え、特定の収益目標を気にしなくなった途端にその目標を達成できるようになりました。そして、ビジネスが好調でクライアントがいっぱいになると、さらに多くのクライアントが列を作って待っているんです。これって奇妙だと思いませんか?

でも、これは人間心理と基本的な経済学の原則が働いているだけなんです。人々は手に入らないものを欲しがり、供給が少ないほど需要が増す。だから、結果を追い求めるのをやめて、豊かな思考で行動することで、成功が引き寄せられるんです。

この先には、もっと詳しい話と具体的な方法が待っていますので、ぜひ読み進めてみてください。

成功の秘密:結果を手放し、豊かさを引き寄せる方法

考えをシェアしたいと思います。

結果にまったく執着せずに、成功を目指して頑張ったらどうなるでしょうか?

それは矛盾に聞こえるかもしれません。私たちは成功したいと思っているし、結果を気にかけています。でも、時には結果を気にしすぎることで、かえって成功が遠のくこともあります。

例えば、バーで美しい女性たちを想像してみてください。彼女たちは自分の見た目を気にしていますが、あまり気にしていないように見えることで、自然と注目を集めています。これは人間の心理と基本的な経済学に通じるところがあります。

実際、私はビジネスでこれを経験しました。売上を気にしすぎないようにすると、急に売上が増え始めるのです。特定の収益目標を達成しようとすることにあまりこだわらなくなると、目標を簡単に達成することに気づきます。

これは、人々が手に入らないものを欲しがるという心理に基づいています。供給が減ると需要が増えるという法則です。

デートや就職活動、体力づくりなど、人生の多くの場面でも同じことが言えます。「それ」を必死に求めないと、より多くのチャンスが舞い込んでくるようです。

これは偶然ではありません。人は豊かさを感じ、成功を感じ、その一部になりたいと望むのです。

だから、豊かな考え方を持つことが目標達成の鍵です。

豊かさとは、脳内のスイッチを入れ、不足の考え方を排除することです。豊かな考え方を持つと、見返りを期待せずに自分の資源を世界と共有でき、人々はあなたに引き寄せられます。

反対に、不足している人は他人に反発され、チャンスも逃してしまいます。

だからこそ、人々と接する時には「この人に何を与えられるだろうか」と考えてみてください。

ジグ・ジグラーの言葉を借りれば、「他の人が望むものを手に入れるのを手伝うだけで、人生で望むものはすべて手に入る」ということです。

具体的には、貴重な情報を提供し、役立つリソースを提供し、時間を提供し、サポートを提供し、アドバイスを提供することです。

私自身、ビジネスでこれを実践しています。無料で質の高い情報を提供し、見込み客に無料の相談を行い、従業員に高い賃金と柔軟な労働時間を提供しています。これにより、信頼関係を築き、多くの新しいクライアントが増えました。

目標は重要ですが、それに執着しすぎると逆効果です。目標を設定したら、その達成のために必要な行動に集中しましょう。

結果に執着せず、毎日目標に向かって行動することで、豊かな考え方を持ち続けることができます。

例えば、マラソンを走りたいなら、週に5回走りましょう。毎週少しずつタイムが短くなっていきます。もっと多くの顧客が欲しいなら、毎日50通のコールドメールを送りましょう。そうすれば、顧客があなたに連絡を取り始めます。

重要なのは、目標に向かって具体的な行動を取ることです。これを継続することで、結果が徐々に現れ始めます。

豊かな考え方と行動を組み合わせることで、目標に到達し、世界をより良い場所にすることができます。

目標へ向かって行動することと、結果を気にすることは、何が違いますか?

目標へ向かって行動することと結果を気にすることには、以下のような違いがあります。

目標へ向かって行動すること

プロセス重視:目標を達成するために必要な具体的な行動やステップに集中します。例えば、毎日少しずつ勉強する、定期的に運動する、計画を立てて実行するなどです。

コントロール可能:行動は自分の意思と努力でコントロールできます。何を、いつ、どのように行うかを決めるのは自分自身です。

継続と改善:行動を続けることで少しずつ進歩し、必要に応じて改善することができます。目標に向かって進む過程で学びや成長が得られます。

結果を気にすること

成果重視:最終的な成果や結果に執着します。例えば、試験の合格、体重の減少、売上目標の達成などです。

コントロール困難:結果は自分の努力だけでは完全にコントロールできません。外部要因や予測できない事象によって影響を受けることがあります。

プレッシャーとストレス:結果に執着することで、プレッシャーやストレスが増えることがあります。期待通りの結果が出なかった場合、失望や挫折感を感じることもあります。

両者の違いとバランス

  • アプローチの違い:行動は日々の小さな積み重ねに焦点を当てているのに対し、結果はその積み重ねの最終的な成果に焦点を当てています。
  • 心理的影響:行動に集中することでポジティブなフィードバックが得られやすく、モチベーションが維持されやすいです。一方、結果に執着すると短期間での達成感が得られない場合にやる気を失いやすくなります。
  • 持続可能性:行動に集中することで長期的に持続可能な取り組みが可能になります。結果に執着すると、一時的な努力で終わってしまうことが多いです。

目標達成のためには、結果を意識しつつも、その結果を得るための具体的な行動に焦点を当てることが重要です。行動を続けることで結果が自然とついてくるという考え方が、長期的な成功を導くカギとなります。

不安に負けろ!そして、今すぐ未来の恐怖に向う

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法