72.真偽


72.真偽

男は狡猾だった。
ずる賢さにかけては、右に出る者はいないだろうと自負していた。

この自信から、A男は自分以外の者は腹の中では常に小馬鹿にしていた。

同時に、A男は曖昧さを利用する達人でもあった。
それは法律であっても同じだった。
A男は、まだ法が整備されていない分野で好き勝手に振る舞った。
そして法で裁かれる可能性が出てくると「俺は法でも裁けない」とばかりに、まだ整備されていない国へ移動することも厭(いと)わなかった。

そして、また同じことをする。
忘れた頃に戻ることもA男にとっては、計算された行動だといえた。

A男はその狡猾さから、印象操作もお手の物だった。

そんなA男を敬う人間も、後を絶たなかった。
A男は優越感を感じ、益々周りが小馬鹿な集まりに見えていた。
そしてA男は、その本性を巧みな話術で隠していた。

そんなある日の事。
手軽に知能をアップできる装置が開発された。

それにより、人類は全体的に知能指数がアップした。
すると、A男のずる賢さは通用しなくなり、必然的にA男の化けの皮は剥がれてきた。

それからというもの、A男は方向転換を余儀なくされ、今では道化として人々を楽しませているのだった。

補足

どんな事にも抜け穴があるとすれば、法律も例外とはいえないだろう。
単なる言葉一つであっても「様々な事象と対応していることで、命題が真か偽かは、その対応が妥当かどうかによる」といったように、難題となりうる。

とはいえ、そこまで難しく考える人は専門家くらいだろう。
裏を返せば、言葉を操ることで、いかようにでも出来る可能性があるといえる。

であるなら、人々の心は尚更だといえるのかもしれない。
つまり、抜け穴は多く操られやすいということにも繋がっていく。
もちろん、操られた方が考えなくても済むため楽だという見方もあるだろう。

とはいえこれは無意識レベルの話であり、表面的には出てこない。なぜなら自由意思を守りたいという本能が働くからだ。
「操られたくない」「操られたい」この2面性をあわせ持つ性質をすり替えの技術により勘違いさせられる。しかも気がつかない内に。
これは真偽のすり替えに似ている。

これに抗うのは簡単ではないといえるだろう。
「誰か私を操ってくれ」と言う人が増えたなら別だが..

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法