10.支持率を急激に高めることで、自動的に価値を設定を出来るツール

お陰様で満足度1位を獲得しました...

値がわからない時、人は何を基準に決めるのでしょうか? 

価格もその1つです。

そしてもう1つが… 多くの人の支持を得ているのなら、間違いないという思い込みで価値基準を定める性質があるわけです。

この現象を『バンドワゴン効果』といいます。別名、勝ち馬効果ともいいます。

バンドワゴン効果(バンドワゴンこうか、英: Bandwagon Effect)とは、ある選択が多数に受け入れられている、流行しているという情報が流れることで、その選択への支持が一層強くなることを指す。 時流に乗る・多勢に与する・勝ち馬に乗る、といった意味である。引用元: バンドワゴン効果 - Wikipedia.

多くの人がもっているものが確かだという心理 多くの人が支持しているから、こちらについておこうという心理 多くの人が支持している人が言うのだからか間違いと思い込む心理。

このような心理傾向を利用する方法です。 具体的に3つのやり方を紹介しましょう。

1,1位の商品をとり扱う
自社の商品ならば先ほどのサクラ効果を使用し1時的に1位に上げる、またはプレゼントを用意し1位にするという方法があります。
アフィリエイトなど他者の商品を紹介するのなら、1位の商品を取り扱うということです。

2,トレンド手法
TVやCM(特に視聴率があるもの)を観ながら、その商品をダイレクトに紹介していく方法です。

3,著名人の言葉を拝借する手法
「この人もこう言っていました。」といえば、あなたがたとえ今は無名でも説得力がかなり違ってくるでしょう。

このように流行(トレンド)に乗ることも、説得力アップのためには大切な手法の1つとなります。

それともう1つだけ。 あなた自体が1位になることです。

1位なんて無理。というなら、どんなに小さな世界でもいいと思います。
例えば、以前あるサイトのあるキーワードで約 353,000 件中、ずっと1位でした。以前であれば、コンビニエンスストアのオーナー5万人の中で日本一のネット起業家という表現も出来ました。

他にも、このような組み合わせを含めると「○○で1位」という結果を出そうと思えばキリがありません。

実績と自慢は紙一重なので、表現の仕方には気をつける必要があるでしょう。

それと客観的な視点も必要だと思います。 ただ信頼と価値を高めるために1位をなんでもいいので取る、または作るというのはバンドワゴン効果を高めるための1つの方法です。

是非、実行してみてくださいね。

それでは次の「第二部へ」をクリックし、新ビジネス扇動心理術~ビジネス心理術編[第ニ部]へお進みください。

->第二部へ


GEP(Gold Experience Program)-月30万円までの作業手順書メニュー

HMS:コンテンツ収益化プロジェクトの流れ

※当ブログで取り扱う物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法