18.この時間割があることで、荒稼ぎし多大な利益を得ている人は、1人や2人ではありません…

 あなたのふところへ明日から毎日入金されるようになる秘訣...

間の概念は、人の置かれた状況によって様々だと思います。

1時間を長いと思う時もあれば短いと思う時もあるでしょう。
その中で、共通している重要な事実があります。

これを理解しないと、全く商品は売れません。

逆に理解することで飛ぶ様に売ることも可能となります。
それは思考の仕組みとして、人は遠い未来を現実的に思えないということです。
つまり、脳は目先の利益ばかりを追い求める習性があるといえます。
これは先ほどお伝えしたプロスペクト理論にもある理論の1つです。

分かりやすくいいますと、1年後の未来なんてどうでもいい、今日の晩飯の方が遥かに重要だと考えるように出来ているわけです。
遠い未来を想像させるより、目先の利益に反応させた方が効果が遥かにアップするということです。

ダイエットはまさに、その典型的な例だといえるでしょう

今回はここまでです。ありがとうございました。
まだまだヒートアップしてまいります。次をお楽しみに..

->新ビジネス扇動心理術~ビジネス心理術編[第三部]へ


GEP(Gold Experience Program)-月30万円までの作業手順書メニュー

HMS:コンテンツ収益化プロジェクトの流れ

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法