20.選択肢を奪う、非合理的で日常的に使われているある手法とは

あなたは自由に選んで読み進めることができます。あなたはこの記事を読んだ後、次のどれを読みますか?

  1. 21.どんなテクニックよりも○○ほど重要な事はありません…
  2. コピーライティングテクニックの参考書メニュー
  3. 0からの資産ブログ構築法


売者にとって「買わない」という選択肢は全て奪わなければなりません。
)購入者には選択の自由があることは常に示しておく必要があります。

そうしないとあなたの販売または紹介する商品は、いつまでたっても売れない可能性があります。
棚に並べていれば自然に売れていくのは、大資本で宣伝やブランディングを行っている大企業だけなのです。

それでは、買わないという選択肢を無くすには、どうすればいいのでしょうか?

購入を検討している人に「買おうか?それとも買わないでおこうか?」という事で悩まさせてはいけません。
本当に「提供したい」という気持ちがあるのならどの商品を買うべきか?で、悩んでいただくべきなのです。

そこで、3つのコース(商品)を用意し並べておきます。

この方法は『松竹梅の法則』を使った、論点をすり替える方法です。

このやり方はウナギ屋さんで見かけるような特別な事ではなく、コンビニエンスストアでも普通に行われています。

ここで1つイメージしてみてください。

おにぎりが1つの種類しかなかったとしたら… そのおにぎりが好みでなければ、買いませんよね?

妥協する位お腹が減っていたならば「妥協して買うか?嫌いだから辞めて他で買うか?」の選択肢になってしまいます。※広い意味ではパンでもいいわけですが

このように「私達は日常的に非合理的に買わされている」といえるのです。

その証拠に、コンビニエンスストアやダイソーに1歩でも足を踏み入れたら‥ 80%以上の確率で、何かを購入して出てくるでしょう。

あなたも何かを売る(紹介)する際には、必ず3つ以上用意するようにしてみてください。

->レッスン21へ


GEP(Gold Experience Program)-月30万円までの作業手順書メニュー

HMS:コンテンツ収益化プロジェクトの流れ

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法