13.共感


13.共感

A男は嘘つきだった。

A男はこれまで、嘘を付いて生きてきた。
なぜなら、嘘をつかなければ生活自体がうまくいかないからだ。

これはどういうことなのか?

例えば、世間で空は青いという。
しかしながら、A男には青いとはとても思えなかった。トマトも赤に見えない。

これは色だけでなかった。
痛い思いをした時も「痛い」とは思えない。それだけなく、一般的に美しいと思われているものも、美しいと思えない。醜いといわれているものを、美しいと感じる時もある。

そんな中、本当の事を言っていればコミュニケーションが難しくなり、生活に支障をきたすからだ。

この理由で、A男は出来る限り本当の事を言わず、嘘を付いて生きてきた。

そんなある日の事、はじめて感覚が同じような女性と出会う機会に恵まれた。
A男は、その女性だけには本当の気持ちを打ち明けられた。相手も同じだった。

その後、自然と結婚することになった。
分かり合えるのは、世界で唯一相手だけだったのだから、A男は幸せな生活を過ごしていた。

ところがある日の事、ちょっとした事で揉めてしまうことが生じた。

それは、あるドラマを観て、面白い、面白くないといった些細なことだった。
一般的には些細な事で片付けられた。だが二人にはそうはいかなかった。
なぜなら、それこそが二人を結びつけていた要因だったからだ。

このすれ違いは決定的となり、二人は友人として別の道を歩くことになった。

補足

感覚を言葉で言い現すのは、簡単なようで難しいといえるのかもしれない。それは人によっても違う。

本来であれば、共通したものがあり、それは微妙な違いで落ち着くのかもしれない。

それでもその感覚は厳密には当人しか分からないのだから、全く違っていてもおかしくないといえるだろう。

それとも、それは単に表現の違いということになるのだろうか?

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法