3.感覚


3.感覚

A星人が、地球へやってきた。

地球では、はじめての異星人との交流に全世界からの注目が集まっていた。
ところが、そのA星人は、何とも理解し難かった。

何が理解し難いのか?

地球人と同じように、目も鼻も口もついている。
話してみると、考え方もそこまで違いはなかった。

違いは、各器官の機能だった。

A星人の口は、地球人で言うお尻の穴の機能があった。
逆に、お尻の穴が、口の役目をしていた。
目には鼓膜があり、地球人の耳の役目を果たしている。
耳には水晶体が付いており、目の役割を果たしていた。
鼻からは尿が出るし、尿道の位置で匂いを感じていたのだ。

これはどうやら環境の違いにより、進化の過程が異なっていたため生じたものだったようだ。

これまで身体器官の利用方法が違えば、感覚も違い、コミュニケーションがスムーズにいくかが懸念された。

それは取り越し苦労だった。

A星人は言った。
「ご心配に及びません。私達は、あなた方と感覚が似ているため、アプローチする星として地球が選ばれたのです」

それを聞いて、地球の人々は驚きを隠せなかった。

「感覚は人によっても違う。それなのに違う星で、しかも身体器官の利用方法が違うに関わらず似ているとは驚きだ」

それを聞いたA星人は言った。
「私達は、想像力が豊かですから」

補足

もしかすると、元々音も色も風味も何も存在しないのかもしれない。
それらをただ、想像力を駆使して表現しているだけだという可能性も否めない。

であるなら、想像力さえあれば、異星の者とさえも、共有できるのかもしれない。
とは言っても、身体器官が全く違っても通じるのだろうか?

「想像力が及べば」といった話となるのかもしれない。

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法