66.前世

66.前世

子は、特殊な能力を持っていた。

それは自分自身の前世を覚えている能力だった。
前世が分かるという人は聞いたことがあった。
それでもA子の能力は少し変わっていた。

A子は他の人の前世は分からない。
自分自身の前世だけなのだ。

しかも、特殊なのはそれだけではなかった。
A子の前世は、一人でなかった。
それは、同じ時期にも関わらず特定の一人ではなく、しかも人間だけでもなかった。

あらゆる生物そして植物、果ては物質の感覚もあったのだ。

A子は、様々なものや生き物がバラバラになった結果、その集まりとして自分自身が誕生したことを理解できた。

その元になるものの記憶というか、感覚を覚えているのだ。

「私の前世は、空気中の一成分に過ぎなかった」といっても、誰もこのような話をまともに捉えてくれる人はいなかった。

A子にとっては、それでも構わなかった。
「いつか今の自分自身も死んで、来世は他の誰か、または何かの一部になるのだから、考えても仕方ないわ」

確かにA子は、特殊な能力を持っていた。
しかしその能力は殆ど役に立つことはなかった。

「今を生きよう」
ただそんな想いが、A子の胸の中をこだましていた。
「他の全てのお陰で」という感覚と感動が身体全体に広がっていたのだった。

補足

生まれ変わりや魂の存在を証明できる確証は、無いといわれている。
仮に前世といわれているものが存在したとすれば、恐竜やアメーバだったことを示しているといえるだろう。

都合よく作られた曖昧なものに人生を賭けるのは、ギャンブルよりも効率が落ちるといえるのかもしれない。

確実に分かっているのは、何かの集合体という事実だけとなる。意識を除けば..

※当ブログで取り扱う物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法