56.結果

56.結果

男は、新商品の開発に勤しんでいた。

新商品はお菓子の一種だった。
それは、脳内に快楽物質が生じることで、ストレス解消ができるものだった。
つまり「とても美味しい」と感じさせることのできる商品である。

A男はストレス社会の激減を願っていたので、この商品が開発されたことには満足だった。

新商品はいくつか開発された。「これで人々は、こぞって手に取り買い求め、摂取するだろう」
A男の頭には、喜びで溢れている人々の顔が浮かんだ。

A男には、一つだけ気がかりなことがあった。

それは、このお菓子を食べることで確かにストレスは軽減される。
その見返りとして、健康リスクが僅かに増加し、寿命がほんの少しだけ縮む可能性があるということだ。

A男は思った。
「ほんの僅かなので、検査は通過している。
結果的に人々は喜ぶわけだし、私は誰の死も望んでいない」

A男は、結論を出した。
「だから、これでいいのだ」

補足

実際に「二重結果の原則」のような商品は、世の中に数多く出回っているといえるだろう。もちろん、それらの商品は検査を受けているといえる。

とはいっても、それらをどれだけ摂取するのか?は、消費者の意図次第になる。

快楽でストレス解消を選ぶのか?それとも少しずつ寿命を削るのか?
一概には言えないところもあるだろう。

それでも自己責任の元、寿命を短くする或いは健康を害することを選んでいる人は、後をたたないといえるだろう。なぜなら脳は長期的に考えるのが苦手だからだ。

「売れてこそ意味がある」の世界で生きている限り、無くなることはない。売った側に危険が及ぶのなら別だが..

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法