22.説き伏せるまでもなく購入していただける、ある発想とは

あなたから信用を得たいので、あなたの奴隷になります。そのためにまずは週に40時間1年間真剣に働きます。もちろんお返しも保証も必要ありません...

金を集める際に、劇的に効果をあげる方法をご存知でしょうか? 

それは「カーネーションを先にお渡しする」という方法です。
これは『返報性の原理』を利用した方法となります。

分かりやすく言うと人はしてもらった事へ返したくなるという心理が働くわけです。

他にも例をだすなら、デパートの試食もそうです。ドモホルンリンクルのお試しセットも同じ仕組となります。
ただこの場合には、お試ししないと購入できないこともあり、「希少性」の演出も期待できます。

更に「オマケ効果」が加わり大きな売上げを上げているようですね。 余談ですが再春館はスタート当初、地元のうわさ話では「や○ざ」が経営していると囁かれていましたが、真偽は定かではありません。どちらにしても今では、地元に貢献している優良企業として定着しております。

再春館は福利厚生にも力を入れています。 お子様がいらっしゃる方が安心して働けるよう、専用の大きな託児所があります。 専用車で移動しなければならない程広い敷地の中で、毎年夏になると綺麗なイルミネーションを付けて一般的に解放しているので、車で一周出来ます。※ただしこちらは有料です。にも関わらず行列が出来ていました

話を元に戻しましょう。

このように、先に提供するという行為は、とても大切になるわけです。
※仕事も同じです。先に働いた見返りに収入を得ます

これは以前ご紹介した書籍「影響力の武器」の中でも紹介されている方法となります。
ちなみに返報性の法則は、鏡の法則とも似ています。
この理由で、相手に好意を抱けば抱くほど返ってくるわけです。

逆もまた然りです。どんなに隠しても無意識の領域で相手に伝わり、返ってきます。
理由をそえないと「何か裏があるのでは?」と猜疑心が生じてしまいます。 

ということで見込み客を大好きになるということも、忘れてはならない大切なポイントとなります。

締めくくりにわたしの経験を添えます。

開業当初お客様へのストレスが大きく自分自身へかなりの負担をかけていました。そのため親しい人へ愚痴をこぼしてばかりでした。
そこで「このままではいけない。いつか精神的にまいってしまう」と感じたため、思いきって逆をやってみました。

聞かれた人へ「うちは良いお客さんばかりなんですよ」と口癖のように話していたら、本当にそのようになりました。

->レッスン23へ


GEP(Gold Experience Program)-月30万円までの作業手順書メニュー

HMS:コンテンツ収益化プロジェクトの流れ

※当ブログで取り扱う物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

このブログの人気の投稿

コピーライティングテクニックの参考書(期間限定)メニュー

Bloggerをバリュードメインで独自ドメイン- DNSのcname記述方法

0からのブログ資産構築法